心機一転!Ninja650を契約しました

  • 2022年1月2日
  • 日記
  • 579view
  • 0件

Ninja650の契約が破談となり、ヘルメットなしでバイクごとお店を追い出された話の続きです(´・ω・`)

関連記事

まず最初にお断りいたしますが、この記事ではある特定の店についての文句と言うよりは、実際にあった売買トラブル例として読んでいただければと思います。(既に当該店の店長から形だけにしろ謝罪の電話を受けています。) さて、話はここから始まり[…]

購入計画は振り出しに

Ninja650の購入計画は振出しに戻ります。

首都圏で中規模のチェーン店であるビーフリーでこの様ならどこで買えばよいのか、次に行くお店は信頼できるお店なのかと疑心暗鬼になっていました。

しかし、ふと思い出しました。Ninja250を購入した店で下取りをして貰えないかということです。

ホームページを見るとどうやら下取りしてくれそうなことがわかりましたので、東京都新宿区は早稲田にあるモトノックスさんへに向かいます。

サクサクと話が進む

ショップに着くとともに、バイクの整備をされていた店員さんに話しかけ、中の人に取り次いでもらいました。すると、社長(と思わしきかた)自ら下取りと新車購入のご相談に乗ってくれることになり話を進めます。

まずはNinja250の下取りについてです。前の店で見積もってもらった見積書を見せました。社長からは「これをどうして欲しい」と聞かれます。自分は、オプション品、特にETCが無査定なのが気に入らなかったと告げました。

すると「いくら欲しいんだ?」とのことなので、x万円だと伝えると、「よし、じゃあx万な。それでいいか?」ということで、即無論OKですと返します。

社長は「(お店の担当者に向かって)おーい!xx万で下取り、ついでに新車価格もオプション品も全部同じ値段に下げてあげな!」と叫びます。
まだ別の店員さんが下取り車両を見終わる前にサクサクと話が進んでいきます。

ものの5~10分でほどで、話がまとまりました。前回の店で言われた「他所ではこんなに高く買い取ってもらえませんよ」との発言は一瞬で脆く消え去りました。

また、社外マフラー持って帰っていいですか?と聞くと「おお、持って帰んな。売ってお金にするといいよ」と言ってくれました。さらにはその場の雰囲気もあり、1円も前金払っていないのに発注まで進み納期も決まります

また来てくれたことがうれしい

社長にお礼をいうと、社長曰く「また来てくれたことがうれしい」とのことでした。何とも深い一言です。

うまく言えないのですが、確かに買取、新車価格の条件が良かったいうのも要因の一つではあるのですが、
社長や店員さんと話していて、話し方、面倒見の良さ、きっぷの良さ、また一丸となって動く姿などから信頼性を感じました。

また、納車日までヘルメットまで預かってもらえることになりました。(大概断られますよね)

いたせりつくせりです。

思い起こすと、このお店でNinja250を買ったときには、初めてのMTバイクでした。その時も社長に「バイク経験は?」と聞かれ、10年前に教習所出て以来始めてだと告げると、「おーい!ちょっと近くの路地で運転の仕方見てあげてくれ!」と店員さんを駆り出し運転の仕方をご指導いただいたことを思い出しました。

最後に

購入計画の当初は、下取価格に目がくらみ、信用のことを蔑ろにしていた自分が恥ずかしいです。
そして、今回、信頼できるお店を見つけた(見つけていた)瞬間でもあります。

前回の別のお店と契約した時ときは落ち込んだ気分で店を出て素直に喜ぶことができませんでした。
しかし、今回の契約では晴れやかな気分でお店を後にしたのでした(´・ω・`)

新車価格ではモトノックスさんや前回あやうく契約しかけたビーフリーは競い合っているようです。でも、どちらで買えばよいかは明白ですね。

関連記事

まず最初にお断りいたしますが、この記事ではある特定の店についての文句と言うよりは、実際にあった売買トラブル例として読んでいただければと思います。(既に当該店の店長から形だけにしろ謝罪の電話を受けています。) さて、話はここから始まり[…]

最新情報をチェックしよう!